損失リスク対策は

YJFXのMT4ですが、取引ツールは「クライアント」となっています。
わかりづらいのでクライアントついて解説をしておきますが、個人がパソコンを使いサービス提供を受ける場合には、個人の方をクライアントと言います。

YJFXのMT4などのサービスについては、サーバーを仲介としてサービスが展開されていますので、サーバーとクライアントでサービスのやり取りがされています。
YJFXで提供しているMT4についても、コチラは同じでしょう。
ただ、このサービスの範囲についてはかなり狭い範囲となっており、今では3キャリア・スマートフォンでのトレードまで可能となっているのには注意が必要。

YJFXのMT4では、それらの範囲で対応をしていませんので、利用をする際にはPC(クライアント)を通してのみ・・・となります。
これが利用の際のデメリットとなってくるでしょう。

■ロスカットのこと
サイバーエージェントFXのMT4には、「ロスカット」のサービスもあります。
ロスカットとは損切りの事なのですが、例えば、儲かっていない場合で損失が出ていると、「何時かは逆転する」と言う発想をしてしまいますよね。

なので、損失が必要以上に膨らむのもノーロスカットの時なのです。
サイバーエージェントFXのMT4では、そのような損失リスクを高めないように、ユーザーが利用しているシステムトレードでは、ロスカットアラームとロスカットのサービスが展開されるようになっています。

簡略して説明すると、「ロスカットの案内」でトレードをしていれば安全なので、初心者の内はサイバーエージェントFXのMT4が大変便利なのです。
ロスカットアラームは維持率120%未満、ロスカットは維持率100%未満となった場合に展開がされますので、損失についてはほんのわずかにしか出ないようにロスカットが設定されていますし、コレラのサービスについては申し込み不要です。

日本の規制外の高レバレッジが魅力の海外FX

最近は海外FXが注目されていますね。日本企業だと「レバレッジ規制」がかかっているため、最大25倍のレバレッジですから、
以前に比べてグッと魅力が薄まりました。
そんな中infinity-spaceは「日本語に対応」していますし、初心者でも取り組みやすい企業になっていると思います。
ちなみに、海外FX業者では日本語に対応済みとなっている業者が多いかと思いますが、infinity-spaceのように全対応となっている訳ではありません。

一部対応

この日本語対応については、「申し込みページ・エントリーページ」の2つで日本語対応がされていないでしょう。
日本語での対応スタッフがいるかいないかがハッキリしていない・・・と言う場合には、先ずいません。
なので、全対応でない場合には英語について理解していないと、先に進めないページや電話などのコミュニケーション上の問題があるのです。
また、海外FXで言語対応を急に行ってくれるようになったと言う話は余り聞きません。

全対応

infinity-spaceがコチラです。
全対応なので、電話・テキスト案内の2種で日本語に対応していますし、電話では日本語対応スタッフが常駐している事が多く、コミュニケーションでは難点が少ないでしょう。

infinity-spaceのバイナリーオプション

infinity-spaceでは、海外FXにしては珍しく「バイナリーオプション」が盛況です。
バイナリーオプションと言うのは、オプションとされる「決まった通貨ペアで決まった時間で上がるか下がるか」を予測するというものです。
時間にして2時間以内となっており、ものによっては20分以内の相場を当てるものがありますね。

infinity-spaceでは、このバイナリーオプションを開催しているわけですが、バイナリーオプションはオプションを購入するわけなので、「決まった金額」で投資を行えるのが最近では珍しいと注目されています。

また、決まった金額なのでリスクについても決まった金額となっています。
主に、バイナリーオプションは業者独自の名称になっておりますので、「○○ BO」や「○○ バイナリー」というものは、全て業者独自のバイナリーオプションだと思っておきましょう。
infinity-spaceでは、BOとして紹介がされています。