損失リスク対策は

YJFXのMT4ですが、取引ツールは「クライアント」となっています。
わかりづらいのでクライアントついて解説をしておきますが、個人がパソコンを使いサービス提供を受ける場合には、個人の方をクライアントと言います。

YJFXのMT4などのサービスについては、サーバーを仲介としてサービスが展開されていますので、サーバーとクライアントでサービスのやり取りがされています。
YJFXで提供しているMT4についても、コチラは同じでしょう。
ただ、このサービスの範囲についてはかなり狭い範囲となっており、今では3キャリア・スマートフォンでのトレードまで可能となっているのには注意が必要。

YJFXのMT4では、それらの範囲で対応をしていませんので、利用をする際にはPC(クライアント)を通してのみ・・・となります。
これが利用の際のデメリットとなってくるでしょう。

■ロスカットのこと
サイバーエージェントFXのMT4には、「ロスカット」のサービスもあります。
ロスカットとは損切りの事なのですが、例えば、儲かっていない場合で損失が出ていると、「何時かは逆転する」と言う発想をしてしまいますよね。

なので、損失が必要以上に膨らむのもノーロスカットの時なのです。
サイバーエージェントFXのMT4では、そのような損失リスクを高めないように、ユーザーが利用しているシステムトレードでは、ロスカットアラームとロスカットのサービスが展開されるようになっています。

簡略して説明すると、「ロスカットの案内」でトレードをしていれば安全なので、初心者の内はサイバーエージェントFXのMT4が大変便利なのです。
ロスカットアラームは維持率120%未満、ロスカットは維持率100%未満となった場合に展開がされますので、損失についてはほんのわずかにしか出ないようにロスカットが設定されていますし、コレラのサービスについては申し込み不要です。